No.440 イエローカードとレッドカードを買った

イエローカードとレッドカードを買った。

これってちょっとした革命なのではないか。

好きなときに「警告」もしくは「退場」を提示することが出来る。

反スポーツ的行為を見かけたらイエローカードを与えることが出来るし、決定的な得点機会を阻止してしまった選手にはレッドカードも止むを得ないだろう。遅延行為はイエローカードだ。ゲームをコントロールするため注意で済ませることも出来る。完璧だ。

Jリーグの審判は真摯にやっていると思う。褒められることはまず無い職業で頑張っていると。

それでも納得のいかない判定は少なくないし、特にゲームを左右するようなジャッジのミスはやっぱり観ていてモヤモヤする。

そう、辿り着いた答えこそ、自分が審判になることだったのだ。

良い買い物をした。最高の買い物だった。

Jリーグ最高! サッカー最高!!

ゴオオオオォォォォォーーーール!!!!11!!1!11!!!!!!


No.439 白鵬1.0

ちょっと白鵬強すぎないすかね。

残念なニュースもあって角界は微妙な雰囲気になっているけれど、それはそれとして年内最後の本場所即ち11月九州場所を我々は楽しんでやっていく権利がある。皆さんは権利ですか?

4日目が終わって、嘉風は変わらず良いな、高安は頑張れ、稀勢の里は出る以上頑張れ……、照ノ富士はもう休んで……、みたいな様相なのだけれど、まあ白鵬が強すぎる。

怪我明けの調整とか15日間を見越した体力温存とか含めて、とにかく白鵬は全てに於いて別格のモンスターなんだなと毎度のことながら感嘆のため息をつくしかない。

記録の掛かった名古屋場所の仕上がりがかなりキテたのは印象が強いのだけれど、今場所はそれを上回る感じの仕上がりで、はい。

もう急な怪我とか抜きにしたら優勝オッズ1.0でいいんじゃないかなって。

他横綱をカモる若手、その若手をカモる白鵬、その白鵬をカモる……そんなヤツは居ないワケで。

ゲームバランスおかしくない? ドラクエライバルズかよ。

高安GADの2大関がどこまでついて行けるかだなあ、とか言ったそばから明日負けたりするんだよな相撲ってやつは。

まあとにかく、相撲はおもしろくて毎日が少しハッピーになるのでやっていきましょう。連ドラと同じで毎日星取りを追うとおもしろさが分かってくるんじゃないかな的な。

そして千秋楽には白鵬が優勝しても高安が初優勝しても豪栄道が捲土重来の優勝をしても乾杯だ。

ビールは飲むものですからね。


No.438 パワードラクエ10

プレイ日記は早々に諦めたけれど、ドラクエ10、やってるぞ。

プレイ時間40時間、バージョン1の後半ぐらい、たぶん。

ネルゲルをしばくのはキーエンブレム10個貰ってからのほうが良いかなと思って9個目の途中。移動のダルさにも慣れてきたぜ。

今のところシナリオ構成はドラクエ7に近いような印象。小さめの話を解決してはまた次、みたいな。

7は最後の方で個々の話が少しずつリンクしていく感覚が良かったのだけれど、果たして10はどういう組み立てになっているのだろう。オンラインなこともあって読めないけれど結構楽しみにやってます。

それとは別にドラクエ10のテーマってすごくわかり易くて、オンラインや異なる5つの種族からも分かるように「人類の平和」が大きな下敷きなのだろうと感じる。開発コードも「スマイル」らしいし。過去のしがらみや異なる考え方にどう向き合っていくのか、みたいな。

そんな話が多いのだけれど、まあ最終的には悪いヤツを殴り飛ばしてオレが主人公だみたいな解決なのが清々しくてパワーだ。

アストルティアにお住まいの方はご一報ください。共に悪を討ちましょう。パワー